高血圧症の有病者は日本の3人に1人の割合だとされ、日本の国民病として位置づけられています。また高血圧症は放置しておくと様々な病気のリスクを高める恐ろしい病気です。正しい治療方法を学び健康な体をつくりましょう。

高血圧症に悩まされる男性

高血圧やむくみが産後まで続いてしまう

出産直後に高血圧になってしまうお母さんがいます。絶対安静を言い渡されて赤ちゃんに会えないという人もいるほどお母さんの命に関わる症状でもあります。妊娠中には高血圧やむくみなどの症状がある人は妊娠高血圧症候群と診断され、健康な妊婦さんよりも慎重な管理が必要だとされています。重症化すると、ショック状態に陥ったり常位胎盤早期剥離によって大量出血を起こし、母子の命に関わってくるためです。妊娠中に高血圧になることと同時に蛋白尿、むくみが出る症状のことを妊娠高血圧症候群と呼び、昔は妊娠中毒症と呼ばれていていました。通常は出産すると徐々に普通の血圧に戻るものなのですが、まれに血圧が高い状態のままの人が居ます。もともと高血圧の症状があったものが出産をきっかけに表面化してきたり、出産や育児のストレスによって自律神経が乱れてしまったり、隠れていた他の病気が引き金になっていることもあります。
高血圧には多くの場合は病気が原因でむくみの症状が出てしまうと言われていますが、産後は生理的な理由によりむくみを引き起こす人が少なくありません。出産により多くの水分が排出されてしまったため、身体が失ってしまった水分を摂取し、身体にため込もうとする働きがあるためです。身体に入ってきた水分は排出されますが、排出しきれないものがむくみとなって現れるのです。また、赤ちゃんに母乳をあげていると、お母さんの身体の水分がなくなってしまうために身体が水分をため込んだり、赤ちゃんが中心の生活になり身体を動かすことが少なくなるため代謝が悪くなることも原因となり産後に浮腫みで悩む人が多くいるのです。しかし、妊娠高血圧症候群の人は慢性腎盂腎炎になってしまう可能性もあるため産後のむくみはありがちなこと」と甘く見ずに、必ず医師の診察を受けるようにしましょう。